『いもがら』ってどんな野菜?/特徴や使った感想など

いもがら断面野菜類
やまも
やまも

今回は『いもがら』について書いていくぞ!

ずんだ
ずんだ

スーパー等でもたまに売ってますね

 

『いもがら』って何?

正式名称は『芋茎(ずいき)』。『いもがら』はこの『ずいき』を干して乾燥させたものです。

『芋茎(ずいき)』は名前から見て取れるように、里芋などの芋の茎(※正確には『葉柄(ようへい)』と呼ばれる部分)になります。なお、芋の品種によって色などが異なります。

ずんだ
ずんだ

芋茎は赤いものも多いようなのですが、私たちの地元だと緑色のものが主流ですね。もしかしたら地域で流通している品種が異なるのかもしれません(※あくまで個人的な意見です)

 

特徴等

見た目や重さ

これは既に切ってありますが、本来全体的に長いです。表面はけっこうしっかりしています。また、乾燥させたものなので重さは軽いです。

 

断面。スポンジのようにたくさんの空洞があります。乾燥していることもあり、触るとザリザリしています。

 

下処理について

皮をむいて使用します。皮はむきやすく、スーッとむけます。中は少し色が薄く、表面は繊維質。

ずんだ
ずんだ

【むくときの注意】

アクがあるため、汁が服に付くと茶色くなってしまい取れにくくなります。処理するときはエプロンをつけて作業することをおすすめします。

皮をむいたら食べやすい大きさに切ります。

切ったら、水に漬けてアクを抜きます。(だいたい10分くらい?)

味、食感など

今回は味噌汁に使用しました。ゆでることでやわらかくなります。ただ、繊維質なのでやわらかくなっても煮溶けるわけではなく、しゃきしゃきとした食感を残しています。味噌との相性も◎。クセがなくおいしいです。他、いろんな味付けに合います。

赤い品種も見かけたら試してみたいと思います。その際はまた追記しますね。

それではまた。

タイトルとURLをコピーしました