【きのこ】たもぎたけ/特徴や栄養、調理感想など

きのこ類
やまも
やまも

今回はきのこのひとつ『たもぎたけ』について紹介するぞ!

【更新】
20.06.09:栄養成分の項目に表を追加しました。

『たもぎたけ』とは?

ヒラタケ科ヒラタケ属。『ひらたけ』の仲間ですね。

漢字で『楡木茸』『楡』は『ニレ』のことで、その名前の通り、主にニレの木に生えるようです。

うめ
うめ

楡を『たも』と読むのかどうかは調べても出てこなかったから特殊な読み方なのかな・・・?

他のきのこと比べるとあまり出回らないようで、お店で見つけるのはちょっと難しいかなと思います。

特徴

見た目

上から見た写真。小さめの薄い傘が密集しています。色は黄色。

※今回お安めになっていたものを買ったのでちょっと色が悪くなっていますが、本来はもっときれいです

横から(下から?)はこんな感じ。

2月に撮ったひらたけの写真

ひらたけの写真も置いておきます。比べてみると確かに似ている気がしますね。

こちらは味噌汁にするためにゆでているところの写真。

やまも
やまも

白くなった…

ゆでると色が溶け出るみたいです。ちょっともったいない気がしますがそこはしょうがないですね…。

※今回にんじんといっしょにゆでてしまったので、この汁の色がどっちの色なのかよくわからないのは反省点です…

香り

香りはけっこう強いです。

味(※調理後)

今回は味噌汁にして食べました。汁に旨みがしっかり出ていておいしいです。食感もやわらかめで食べやすい。
今回は汁ものに使用しましたが、炒め物にもいいのではと思います。次は別の調理法も試してみたいと思っています。

栄養成分

やまも
やまも

栄養成分を見てみよう(比較用にひらたけも書きました)

※可食部100gあたりひらたけ(生)たもぎたけ(生)
エネルギー20kcal16kcal
水分89.4g91.7g
たんぱく質3.3g3.6g
脂質0.3g0.3g
炭水化物6.2g3.7g
カリウム340mg190mg
0.15mg0.32mg
ビオチン12.0㎍23.0㎍
食物繊維(総量)2.6g3.3g

※表は文部科学省『日本食品標準成分表』を参考に作成しています。他の成分について知りたい場合は参考文献よりご確認くださると幸いです。

ひらたけと比べてみると、けっこう違いがあります。エネルギーと炭水化物は少なく、たんぱく質は多めですね。

カリウムは190㎎。ひらたけ以外の他のきのこと比較しても少ないほうです。ですが、銅は0.32㎎ときのこの中では『ホンシメジ』『マッシュルーム』と並び最高値となります。

また、ビオチンが23.0㎍と多め食物繊維も豊富です。

うめ
うめ

『ビオチン』はビタミンBのひとつ。糖の代謝に必要な栄養成分だよ。他にビオチンが多いきのこで手に入れやすい物に『まいたけ』が上げられるよ。

一方、きのこは野菜類のようにビタミンAやビタミンCは含みません。なので他の野菜とうまく組み合わせるといいでしょう。調理でかさが減りやすく、量もとりやすいのでオススメです。

参考文献リンク

文部科学省『日本食品標準成分表2015年版(七訂)』第2章 日本食品標準成分表 PDF(日本語版)8.きのこ類

タイトルとURLをコピーしました