【すもも】大石早生(おおいしわせ)/見た目や味、食感など

大石早生果物類
やまも
やまも

今回はすももの一種『大石早生』について書いていくぞ!

ずんだ
ずんだ

すももの中でも有名な品種ですね。年の最初に出回るのもこの品種です。

特徴

見た目

上から
下から
やまも
やまも

果皮は明るい赤色すももは追熟する果物だから、買ったときは黄色っぽくても冷蔵庫に入れて保管しておけば次第に熟して赤くなるんだ。

表面にうっすら白い物質が付いていますが、これは『ブルーム』と呼ばれ、自然に出来るものなので問題ありません。ただ、『ブルーム』自体は無害なのですが、衛生的な観点から見て食べる前にはどちらにしても洗った方がいいと思います。

同じ品種。左はかなり追熟が進んでいます。

断面。果肉は薄い黄色。

ずんだ
ずんだ

因みに、上のように半分に切る場合は皮付きのまま切ることをオススメします(先に皮をむいてしまうと、表面がすべって割りづらくなります。先にむいた場合はそぎ切りのほうがやりやすいです。)

先ほどの色が濃かったものを切ってみたら上の写真のようになりました。種が縮んでしまっていますね(桃でもたまにこういったものがあります)。ここまでくるとちょっと追熟が進みすぎているかな…。

味、食感など

ちょっと酸味が強いですが、甘みもほどよくあります。食感はやわらかく、果汁もしっかりあり。熟しているもののほうがより食感がやわらかく、甘みも強いため、黄色いものは赤くなるまで待ってみるといいでしょう。

ずんだ
ずんだ

ただし、油断して長く保存しすぎると傷んで汁が出ていたりするので、こまめに確認した方がいいです。

先ほどの色が濃いものも食べましたが、味自体は酸味がおとなしく甘く食べやすかったです。ただ果肉がかなりやわらかく崩れたような感じだったのでやっぱり追熟しすぎたかなと思います。ここまでは待たなくていいですね。

すももは皮ごと食べることができますが、少しだけ皮が硬いです。手でむくのは難しいため、もし皮をむく場合は包丁でむいたり、湯むきするなどしてください。

湯むきについては下の記事にも書いているのでよかったらどうぞ↓
すももの湯むきチャレンジ

参考になりましたら幸いです。それではまた。

タイトルとURLをコピーしました