【すもも】秋姫(あきひめ)/見た目や味、食感など

秋姫果物類
やまも
やまも

今日は『秋姫(あきひめ)』っていう品種のすももについて書いていくぞー

ずんだ
ずんだ

可愛らしい名前ですね

名前の通り、秋に出回る品種のようです(鈴谷の住んでいる地域だと9月にはお店に出ていたと記憶しています)。

特徴

見た目

果皮は赤色です。元々は黄色のようで、写真のものも裏側に少し黄色っぽいところがありました。『大石早生』より少し濃いかな?といった感じ。

表面の白っぽいものは『ブルーム』です。自然にできるものなので特に問題ありません。丹念に洗うとブルームがとれて果皮に光沢が出ます。(『ブルーム』自体は無害ですが、衛生面の観点から、食べる前には洗った方がいいです。)

大きさは他の品種に比べるとかなり大きめで、今回買ったものは170g程ありました。

やまも
やまも

『大石早生』を買って量ってみたら70~90gくらいだったからそれと比べると2倍くらいあるのか…でかいなぁ

断面。果肉は光沢のある濃い黄色で、中心は少し薄い色をしています。

果実の大きさに対して種が小さい気がします。

比較用に他の品種の断面の写真↓

大石早生
すもも太陽断面
太陽

果実自体が大きいからかな…と思ったんですがやっぱり小さい気がします。(個体にもよるかもしれないので2020年度にまた調べてみようと思います。)

皮は薄いです。

味・食感

すももというと酸味が強いイメージがありますが、今回食べたものは酸味はひかえめでした。ただ、酸味がないわけではなく、種に近い部分はちょっと酸味が強め。また、酸味が少し後味に残る感じがありました。しかし、甘みもほどよくあり、やわらかく食べやすかったです。食べる部分が多めなので満足感があります。

ずんだ
ずんだ

※今回、購入してから少し冷蔵庫で眠っていた期間が長かったので追熟が進んでいました。購入してすぐ食べた場合はもう少し酸味も強く果肉もしっかりめなのではないでしょうか。

(ただ、それでも今まで食べた他の品種の追熟したものと比べて酸味が少なく食べやすかったのは確かです)

この品種が出回る時期は、すもも自体をあまり見かけなくなってきていると思います。食べたい方は買い逃しのないようご注意くださいね。

それではまた。

タイトルとURLをコピーしました