【なし】新興(しんこう)/特徴や味など

梨、新興(右)果物類
やまも
やまも

『新興(しんこう)』っていう梨について書いていくぞー!

ずんだ
ずんだ

日本でメジャーな品種の一つですね。『豊水』や『幸水』などと比べると大きいのが特徴です。また、同じく大きめサイズの『新高(にいたか)』という梨と色や名前が似ていますが、あちらとは別物になりますのでご注意ください。

それではもう少し詳しく書いていきます。↓

特徴等

見た目

※右が『新興』。

ちょうど別の梨も買っていたので並べてみました。右が『新興』です。こう見るとかなり大きいことがわかります。
(※カメラと遠近法の関係でちょっと実際より大きく見えてるかもしれません…ご了承ください)

因みに重さを量ったところ、左のものが約360g、『新興』が約640gありました。

ずんだ
ずんだ

※今回のものは600g以上ありましたがこれは結構大きめのようです。通常出回っているものはもう少し小さいと思われます

梨は色で『赤梨(茶色に近い緑)』、『青梨(黄色に近い緑)』に分けられますが、新興は『赤梨』に分類されます

最初の写真は8月下旬、こちらの写真は9月下旬に購入したものになります。比べてみると、出回り始める最初のころはまだ少し緑色が強いのがわかります。

味・食感

※1回目(8月下旬)、2回目(9月下旬)に分けて書いています。

緑色が強いもの(1回目)

果肉は割としっかりしていて歯ごたえがありました。味は甘み・酸味のバランスがよく、梨特有の若干の渋みもあり、おいしいです。果汁多め。

茶色が強いもの(2回目)

シャキシャキした食感ですが、緑が強かった頃に比べるとやわらかくなりました。味も渋みがほとんど感じず、甘みと酸味を楽しむことができます。果汁多め。

また、豊水と比べると、歯ごたえが強く味があっさりしています

上記のことから、より甘くおいしいものを食べたい場合は茶色が強いものを選ぶとよいかと思います。

※本来の旬は10月頃とされています(もちろん地域で異なると思うのであくまで目安ですが…。)

ずんだ
ずんだ

因みに、新興や豊水などのいわゆる『和梨(日本梨)』は追熟しないため、長く置いておいても傷んでしまいます。緑色の強いものだとちょっと硬いので、もし甘くやわらかく食べたい場合はコンポートやジャムなどに加工してもいいかもしれません。

参考になりましたら幸いです。それではまた。

タイトルとURLをコピーしました