【なし】豊水(ほうすい)/見た目や味、食感など

豊水梨果物類
やまも
やまも

『豊水(ほうすい)』っていう梨について書いていこう

ずんだ
ずんだ

『豊水』は日本で栽培されている梨の中でもメジャーな品種のひとつで、日本中で栽培されています。

お盆のシーズンあたりから梨が出回るようになりますね。9月頃に出回る梨はほとんどこれといっていいほど多く出回ります。お値段は出始めは少し高いですが、割とお手頃で入手もしやすいです(※贈答用など大きめのものは少しお高め)。

特徴等

見た目

※8月下旬に購入
※9月下旬に購入

梨は皮の色で『赤梨』『青梨』に分かれます。『赤梨』は赤っぽい少し茶色がかった色、『青梨』は青っぽい(熟したものは黄色っぽい)緑色です。『豊水』は『赤梨』に分類されます。ちょっと皮がざらざらしています。

写真のものは、上が8月下旬、下が9月下旬に購入したものになります。両方『豊水』なのですが、下のほうが少し茶色っぽくなっています。他の品種にも言えることなのですが、出回り始めのころは緑色が強いものもあります。(味や食感の違いについては後ほど)

ずんだ
ずんだ

因みに、メジャーな品種で『幸水』という梨がありますが、『豊水』の親にあたる品種といわれています。『幸水』もまた『赤梨』に分類されます。

※8月下旬のものです

断面。白く、少しざらついた果肉。水分が多く、みずみずしさが伝わってきます。ちょうど切った部分に種がなかったのですが、種は黒色です。

※写真のものだとちょっと下の方がどっしりした形になっていますが、形については個体差があると思うのでこれはたまたまかな?と思います。

※8月下旬のものです

果肉部分をもう少しアップにしてみました。透明感があってきらきらと光沢があります。きれいですね。

けっこう果肉がやわらかめで切りやすく、皮もむきやすかったです。

味・食感

緑色が強かった1回目と、茶色が強かった2回目で分けて書いています。

緑色が強いもの(1回目)

梨独特のしゃきしゃきとした食感がありますが、硬すぎず食べやすいです。果汁が多め。味は、やさしい甘み、若干の渋みとほどよい酸味が合わさってバランスがよく、おいしいです。

茶色が強いもの(2回目)

おそらく1回目のものよりも熟れており、果肉がかなりやわらかくなっています。果汁多め。味は甘みが強く、ほどよい酸味もあります。渋みはあまり感じません。1回目よりかなり食べやすく、おいしくなっていると思います。

もちろん両方おいしいのですが、より甘くやわらかいものが食べたい場合は茶色が強いものを選ぶとよいかと思います。

やまも
やまも

冷やして食べると美味いぞ!

これからいろんな品種が出回ると思うので(今のところ『幸水』『新興』あたりかな?※8月下旬現在)、またいろいろ調べてみたいと思います。その時はまたお付き合いくださると幸いです。

それではまた。

タイトルとURLをコピーしました