【ぶどう】デラウェア/特徴(見た目や味など)

デラウェア果物類
やまも
やまも

今回は『デラウェア』っていうぶどうについて紹介するぞ!

ずんだ
ずんだ

『デラウェア』はよく聞く品種ですね。早い時期から出回り始めます。国産ぶどうの中ではいちばん早いんじゃないでしょうか・・・。私たちの地元(※九州)では5月くらいからちょこちょこ売ってる感じですね。また、ぶどうは品種によって出回る時期や期間に違いがあります(※あくまで体感なので地域やお店にもよるかもしれません)が、『デラウェア』は比較的出回る期間も長いように思います。

 

【更新】
20.06.08:上記説明文を追加しました。

特徴

見た目

果皮は少し赤みのある紫色です。『ブルーム(※表面の白い物質)』がついたままなのでちょっとくすんで見えますが、洗えばつやが出てきれいになります。

アップで写真をとったせいでちょっと大きく見えてしまうかもしれないですが、デラウェアは小粒の品種になります。大きさはビー玉くらい、1粒およそ2gほど

ずんだ
ずんだ

よく出回っている品種の中でここまで小粒のものは今のところ見たことがないので、大きな特徴といえるのではないかと思います。

断面です。果肉がやわらかく、切ったらちょっと形がくずれてしまいました。この状態だと後ろの皮の色が透けて見えるので紫に見えますが、果肉の色は薄い黄緑色です(今回皮をむいた写真をとるのを忘れてしまいました…)。

味・食感

ちょっと酸味が強いかな…?という印象。あまずっぱい、という言葉が合うかなと思います。ただ、食べづらいかというとそういうわけでもありません。私は個人的にはすっぱいものが苦手なのですが、それでもパクパクといけるくらいおいしいです。

果肉はやわらかく、果汁がたっぷり。種がないので食べやすさもあります

皮は少し硬い(厚い?)のでそのまま食べようとすると口の中に残ってしまい、あまり舌触りがよくないので、むいたほうがいいかなと個人的に思います。皮をむくのは簡単で、一カ所むいて実を指ではさんで押さえるとつるんと中身が出てきます。

やまも
やまも

俺は皮ごと口に入れて皮だけペッてする

ずんだ
ずんだ

皮がむきやすい品種なのでやりやすいんですよね・・・

↑※ちょっとお行儀悪いので推奨するわけではないです、そしてやるなら家でのみにしましょうね(私は家でよくやります)

それではまた!

タイトルとURLをコピーしました