【ぶどう】ニューベリーA/見た目や味、食感など

ニューベリーA果物類
やまも
やまも

今回は『ニューベリーA』っていうぶどうについて書いていくぞ!

ずんだ
ずんだ

『ベリーA』の種なしを通常『ニューベリーA』と呼んでいます。同様に『ピオーネ』の種なしは『ニューピオーネ』と呼びます。

正式名称は『マスカット・ベリーA』といいます。マスカットというと白(緑)を連想しがちですが、別の色もあるんですね。因みにワインにもよく使われる品種のようで、『ベリーA』『マスカット・ベリーA』でネット検索するとワイン関係がけっこうヒットします。(あまりお酒を飲まないので詳しくないのですが、今後飲む機会があれば追記したいと思います)

【更新】
20.06.10:上記説明文にワイン関係の文を少し追加しました。

特徴

見た目

色は濃い紫(若干赤みのあるところもありますが全体的には黒に近いかな?)。

果実の形状は少し細長く卵型で、重さは今回購入したものだと1粒が大体7~8gくらいありました。

表面の白っぽいところは『ブルーム』。自然にできるものなので特に問題はありません(ホコリ等が付着している可能性があるので食べる前には洗ったほうがいいと思います)。

断面。前述の通り、種はありません。皮付なので果肉の後ろの色が透けて紫に見えますが、中の果肉は緑色。

皮をむいてみました。けっこう色が濃い気がします。

皮はむきやすいですが、皮の内側が少し果肉に残ります(食べる分には問題ないです)。写真のものは色がわかりやすいように少し包丁で削ったのでまだきれいにむけているほうだと思います。

触感

ハリがあって割と硬め(※硬いといってもレッドグローブなどの輸入品種ほどではないです)。

味・食感

酸味はあまり強くなく、ほどよい甘みがあります。

食感はみずみずしく、若干もちっとしつつもやわらかく歯切れよいです。

皮がむきやすく、種もないのでとても食べやすい品種だと思います。

ずんだ
ずんだ

たまに種があることもあるので注意してくださいね

それではまた。

タイトルとURLをコピーしました