黄色が鮮やかな『黄金桃(おうごんとう)』/見た目や味など

黄金桃果物類
やまも
やまも

今回は『黄金桃(おうごんとう)』について書いていくぞ!

ずんだ
ずんだ

名前の通り、黄桃の一種ですね

 

【最終更新】
20.09.02:赤みがかったものについてのみ記載していましたが、今年度黄色いものも食べてみたためそちらについても記載しました。

特徴

少し赤みがかったもの

見た目

こまかい産毛がびっしり生えているのは白い桃と同様。上写真のものは1個160g程と若干小さめでしたが、別メーカーのものはけっこう大きめだったので規格が違うのかもしれませんね。

少し赤みがあり、『びわ』に似た色合いをしていました。おそらく日に当たったことで赤くなったと思われます。きれいな黄色のものは袋をかけて栽培する手間がかかるからか割と高級なものが多いように思います。

やまも
やまも

りんごも袋をかぶせて栽培する場合があるけど、原理は同じなのかな

種ごと割れてしまった…

断面。オレンジ色ベースの果肉に赤みがさしています。

味・食感

味は甘みが強く、酸味はあまり感じません。桃特有の渋みもあまりないように思います。白桃が割とあっさりめの甘さであるのと比較すると、こちらはまったりした濃厚な甘さ。果肉はやわらかくみずみずしいです。

明るい黄色のもの

見た目

こちらは赤みがかっていない黄金桃。写真のものは約270gと、先ほどのものより大きめ。あとやはり価格はお高めです。

皮の色もですが、こちらは断面もあまり赤みがありません。そう考えるとおそらく日が当たることで果肉の色も赤くなるのではないでしょうか。

黄金桃カット

果肉がしっかりしているのできれいにカットできます。

味・食感

2個購入し、1個はすぐに食べました。甘みもしっかりありますが酸味がちょっと強めで、甘酸っぱいといった感じ。渋みもちょっと強いかな?食感は割と硬めで、特に気になるほどではないですが噛んだときに繊維っぽい印象もあります2個目は数日後に食べましたが、追熟したようで前回よりもう少しやわらかく、酸味がおちついて甘みが強くなっていました。色味も相まってちょっとマンゴーっぽさもあります。

赤みが強いものは19年度、今回のものは20年度と1年くらい空いてしまっているのではっきりとは言いがたいのですが、記録にもあるとおり前回は今回ほど酸味はなかったように記憶しているので、赤みが強いもののほうが甘い、といえるのではないでしょうか。

ずんだ
ずんだ

果物は日に当てて栽培したもののほうが甘くなる傾向があるのでこれも同様と思われます。よく言われるのがりんごですね。日光に当てて栽培したものは見た目はちょっと悪いのですが味はよいとされています。

生で食べられる黄桃は白桃と比べるとあまりないものの、白桃とはまた違ったおいしさがありますね。

それではまた。

タイトルとURLをコピーしました