【柑橘】いよかん(伊予柑)/特徴や味・栄養など

いよかん果物類
やまも
やまも

今回は『いよかん』について!

ずんだ
ずんだ

タイトル通り、漢字で『伊予柑』と書きます。日本産まれの柑橘です。

 

 

それでは特徴などを見ていきます。

特徴

①見た目

果皮は少し濃いめのオレンジ色。形は少し扁平で温州みかんに近い形ですが、温州みかんと比べると大きめ。

↑縦に切った写真。

↑横に切った写真。みかんのように中央部分は空洞で、オレンジのように詰まっていません。砂じょう(果肉の中の小さな袋部分)はけっこう大きいかなと思います。

皮は厚めで、少し硬いですが、手でむくことができます。上の部分をナイフで切り落とすとむきやすくなります。

②味・食感

甘味十分で、酸味も適度にあり。苦みは特に感じません。果汁多めでジューシー。内皮(じょうのう膜)ごと食べられますが、少し硬めなので、気になる場合はむいて食べてもいいと思います。

ずんだ
ずんだ

赤線の部分あたりに切込みを入れるとむきやすいです

実はちょっとちぎれてしまいました(くっつけてます)

 

やまも
やまも

果肉がやわらかいからちぎれやすくて少しむきづらいかもしれないけど、むくと食べやすくなるぞ!


お菓子などの加工物にも向きそうですね。そういえば、いよかんの缶詰をお店で見かけたことがあります。今度食べてみたいと思います。

栄養成分

やまも
やまも

最後に栄養成分について!

可食部100gあたり46kcal。温州みかんと比較すると、ミネラル類は少し高め、ビタミンAは低め、ビタミンCは同じくらいです。また、カリウムは190㎎含まれ、皮をむいて食べるタイプの柑橘類の中では割と高いです。

ずんだ
ずんだ

ビタミンCの含有量は35mgで、『温州みかん(早生)』、『だいだい』と同じ数値。柑橘類はビタミンCが多い傾向があるため、柑橘全般で見るとそこまで高い数値ではないのですが、果物全般で見れば十分高い部類に入ります。うまく食生活に取り入れていくといいですね

 

参考文献

参考:文部科学省『日本食品標準成分表2015年版(七訂)』第2章 日本食品標準成分表 PDF(日本語版)7.果実類

タイトルとURLをコピーしました