【柑橘類】南風(なんぷう)/特徴や味など

南風果物類
やまも
やまも

今回は柑橘類のひとつ、『南風(なんぷう)』について書いていくぞ!

 

南風(なんぷう)とは?

この品種は、タンゴール「清見」とタンゼリン・タンゼロ「フェアチャイルド」との交雑実生であり、果実の大きさが200g程度、果皮が濃橙色でじょうのう膜が薄く、育成地(宮崎県宮崎郡佐土原町)で12月上旬に収穫できるかんきつである。

引用元:農林水産省品種登録ホームページ/品種登録データベース【南風】登録品種の植物体の特性の概要

宮崎県生まれの柑橘です。

『清美(きよみ)』は『清美オレンジ』『清美みかん』などの呼び方もありますが、正確な分類は上記のように『タンゴール』。『タンゴール』は『みかん類』と『オレンジ類』をかけ合わせたもののことです。
『フェアチャイルド』についてはほとんど耳にしない品種なので、あまり出回っていないものなのかもしれません。『タンゼロ』は『みかん類』と『グレープフルーツ類』または『みかん類』と『文旦類』をかけ合わせたものです。

やまも
やまも

つまり、いろんな柑橘類の血を引いている品種・・・ってことかな・・・

柑橘類は品種によって収穫時期が大きく異なります(初夏あたりまで出回るものもありますが大体秋~早春あたりが多いです)。『南風』は12月なのでちょうど中間あたりですね。因みに温州みかんの中生品種も大体この時期。

特徴

見た目、サイズなど

上から
横から

果皮はオレンジ色。表面は凹凸が少なくなめらかで、つるつるしています

若干縦に長めのきれいな丸形。

今回購入したものは約230gでした(3つ購入しましたが3つともそのくらい)。引用文では200g程度とされていますから大体同じですね。通常のオレンジと同じくらいか少し小さめのイメージです。

お尻の部分。『ネーブルオレンジ』みたいに『へそ』があります。

やまも
やまも

自分が見たことないだけかもしれないんだけど、今まで食べてきた柑橘類の中で『へそ』があったのは『ネーブルオレンジ』と『南風』だけ。だから、(少なくともよく出回ってる柑橘類の中では)けっこう珍しい特徴だと思う。

※20.04.23追記:『アンコールオレンジ』でもくぼみが確認できました。

 

※写真の物はたまたま少し水分が抜けていたためところどころ果肉の色が薄いのですが、本来はもっと濃くきれいな色をしています

断面。外皮は割と薄め。むいてみると、体感、見た目よりも皮が薄く感じました。果肉がみっちりと詰まっているイメージ。

食べ方

先ほどの引用文にもある通り内皮(じょうのう膜)が薄いため、袋ごと食べることが出来ます。ただ、薄いので小分けするときに袋が破けてしまうこともあります。また、外皮は手でむけますが、中身と強くくっついているのか若干むきづらいです。なので、オレンジのように6~8等分に切って食べるのもいいと思います。

味・食感

味は、甘みがほどよくあり、酸味はおだやか。オレンジ類などと比べると少し味の濃さが控えめな印象ですが、クセがなく食べやすいです。じょうのう膜が薄くやわらかいため、袋ごと食べても全く硬くありません。

(※柑橘類全般に言えることなのですが、時期が遅いものだと、果汁が少なくなってしまってちょっと物足りないかもしれません。よりおいしく食べたい場合はやはり旬の時期がいちばんよいと思います。)

タイトルとURLをコピーしました