やさしい甘さ!『まくわうり』/特徴や味、栄養成分など

まくわうり果実的野菜
やまも
やまも

なぁずんだ、『まくわうり』っていうの買ったんだけどコレって野菜?果物?

ずんだ
ずんだ

野菜…いや、くだも……ん?

…というわけで今回は『まくわうり』について書いていきます。

【更新】
20.07.01:カテゴリー、説明欄が『果菜類』となっておりましたが、正しくは『果実的野菜』になります(修正済)。大変申し訳ありません。
20.08.21:大幅に追加修正しました。

まくわうりとは?

漢字で『真桑瓜』ウリの仲間です。たまに聞く『カンロ(甘露)』というのはこのまくわうりの品種の一つになります。旬は夏。メロンと近い仲間なのですが、メロンと比べると割とお手頃な値段。しかしメロンよりお店で見かける頻度は少ないかもしれません(地域によるかも)。

冒頭でこれが野菜か果物かという疑問を書きましたが、ケースによります。野菜と答える人もいるし果物と答える人もいるでしょう。

農林水産省のサイトに以下のように書いてあります。

園芸学では、木の実(木本性)は果物(果樹)、草の実(草本性)は野菜と分類します。草本性であるいちごは野菜。また、農林水産省の作物の統計調査でも野菜に含まれています。ただし、実際は果物と同じように食べられていることから「果実的野菜」とも呼ばれています。

引用元:農林水産省:aff(あふ)19年12月号『いちごのあれこれ豆知識』

(※上記はいちごについてのページなのですが、とてもわかりやすい説明だったため引用させていただきました。)

メロンやすいか、そしてまくわうりも草本性(そうほんせい)であり、果物として食べているため上記の『果実的野菜』にあてはまります。つまり、これらの作物は園芸学上は『野菜』であり、農林水産省でも『野菜』として取り扱っているということですね。

ただ、引用後半にも記述されているように、私たちは果物のようにこれらの作物を食べています。なので分類としては『野菜』ですが、一般的には『果物』のイメージが強いのではと思います(あえて言えば、特にすいかは『野菜か果物か』という話題が上がりやすいような気がするので『野菜』というイメージを持っている人も割といるかもしれません、個人的なイメージなので実際はわからないのですが…)。スーパーなどでも果物のコーナーに売っていますね。

やまも
やまも

イメージとしては『本来は野菜なんだけど果物としても扱うちょっと特殊な作物』って感じかなぁ…

(※あくまで個人的な見解です)

ちなみにですが、野菜のうち『果実的野菜』にあてはまるものは少ないので、覚えるにはさほど難しくはないと思います。『草本性』というところからも、実がなっているところを想像してみるとわかりやすいです。

特徴

※購入したまくわうりについて感想を交えて書いています。

見た目

※縦写真。

今回購入したものは、形は楕円形で、果皮は黄色でした(記載がなかったのですが特徴からしておそらく『黄金(おうごん)まくわ』ではないかと思います)。

断面はこちら。果肉は白いです。中に小さく薄い種がたくさん入っています。ノーネットメロンに大変よく似ています

ちなみに、表面は硬くしっかりしているのですが、包丁を入れる際にはすんなりと入りますし、皮もむきやすいです。

やまも
やまも

鈴谷はもう少し硬いと思ってたから力入れて切ろうとして拍子抜けしたついでに勢いがついて切った半分がまな板から転げ落ちるという失態をおk

ずんだ
ずんだ

その報告いります…?

思ったよりやわらかいんで切る時はあまり力まないようご注意ください。

種はスプーンでけずりとってもいいと思いますが、手でも割ときれいにとれます(上の写真は手でとりました)

上写真は同じくまくわうりの一種『ニューメロン』。まくわうりは、品種によって見た目が大きく異なるのも特徴です。

※ニューメロンについてはこちらの記事↓でもう少しくわしく書いています。よかったらご覧ください。

丸々ぽってり?『ニューメロン』/見た目や味、食感など

味・食感等

見た目はノーネットメロンに似ていますが、味も似ていて、あっさりした甘さです。味は想定内だったんですが、ちょっと予想外だったのは食感でした。メロンっぽくもあるんですが、それとは別にちょっとほろほろするような…りんごのような食感もあります。メロンとりんごを合わせて2で割ったような食感。ちょっと不思議です。香りはあまり強くないかなと思います。

やまも
やまも

冷やしてから食べるとおいしいぞー!

スイカやメロンみたいに、夏場のデザートとしてぴったりですね。

『まくわうり』の栄養成分

やまも
やまも

最後に、栄養成分を見てみよう

※可食部100gあたりまくわうり、黄肉種、生まくわうり、白肉種、生
エネルギー32kcal32kcal
水分90.8g90.8g
たんぱく質0.8g0.8g
脂質0.1g0.1g
炭水化物7.8g7.8g
食物繊維(総量)1.0g1.0g
カリウム280mg280mg
レチノール活性当量15㎍(0)
ビタミンC30mg30mg

出典:文部科学省『日本食品標準成分表2015年版(七訂)』第2章 日本食品標準成分表 PDF(日本語版)7.果実類

※(0)は推定値です。推定値についてはこちらのページに記載されています。
文部科学省『日本食品標準成分表2015年版(七訂)』第1章 説明

エネルギーや炭水化物はひかえめ。特に炭水化物は10g以下と少なめです。果物の中ではヘルシーなほうといえるのではないでしょうか。水分はほぼ9割と多めです。

カリウムが280mgと多め。また、食物繊維・ビタミンCもそこそこ含みます。

ずんだ
ずんだ

カリウムは体の中の余分な塩分を外に出してくれる役割を持っています。カリウムやビタミンCは野菜にも含まれますが加熱調理で減少してしまうので、生で食べる果物はこれらの成分の供給源としてぴったりです。

※他の果物と比べると炭水化物は少ないものの、食べ過ぎにはご注意ください。

まくわうりについては『黄肉種』『白肉種』の記載があります。今回ご紹介したまくわうり(黄金まくわ(おそらく)+ニューメロン)は果肉の色が白っぽいため『白肉種』に分類されます。両者の栄養成分にはほぼ違いは無いのですが、『黄肉種』は『レチノール活性当量(ビタミンA)』が15㎍となっています。

タイトルとURLをコピーしました