紫色のアスパラガス/特徴や使った感想+α

野菜類
やまも
やまも

今回は『紫アスパラガス』について書いていくぞ!

 

特徴

見た目

形状は普通のアスパラガスと特に違う点はありませんが、タイトルの通り、紫色をしています(今回購入した物はうっすら緑色の部分もありましたが、ものによると思います)。紫色のアスパラガスにはいくつか品種があるようです。この紫色は『アントシアニン』というポリフェノールの一種によるもの。

ずんだ
ずんだ

『アントシアニン』を含む食べ物には『紫いも』『紫キャベツ』などいろんなものがあります。

先の部分はこんな感じでした。

断面です。中は白っぽい緑色。通常のアスパラガス同様、色が濃いのは表面のみということがわかります。

ゆでてみる

さて、前述の通り、この紫色は『アントシアニン』によるものですが、この成分の特徴として『水に溶けやすい』ということがあげられます。前回、紫色のブロッコリーをゆでた際、アントシアニンは湯に溶け出し、ブロッコリーは緑色になりました。

※紫ブロッコリーについてはこちらに書いています↓
紫色のブロッコリー/特徴・調理による変化など

やまも
やまも

…ということは、紫アスパラガスもゆでたら色が変わるのでは…???

と、思ったのでゆでてみました。

縦半分に切ったものの片方を沸騰させたお湯(少し塩を入れました)に入れぐつぐつ…。

上がゆでたもの、下が生です。(肉眼だともうちょっと色が薄いです)

やまも
やまも

やっぱり色変わったなぁ

ちょっともったいない気もしますが変わってしまうものはしょうがない…。

この後ベーコンやトマトと一緒に煮こんでスープにしました。おいしかったです。

※オマケ:白アスパラガスと緑アスパラガスの違い

やまも
やまも

そういや白いアスパラガスもあるじゃん?あれってそういう品種なの?

ずんだ
ずんだ

同じ品種ですよ

土を盛って日が当たらないように育てた物が白いアスパラガスになります。缶詰のイメージが強いですが、生のものもたまに売っているのを見かけます。白は特に手間暇かかるでしょうし希少なんじゃないでしょうか。旬の時期に運が良ければ見つけることができるかも。

※ちなみに白アスパラガスについての記事はこちらです。よかったらご覧ください↓
白いアスパラガス(ホワイトアスパラガス)/特徴や味など

それではまた。

タイトルとURLをコピーしました