豆腐ステーキと厚揚げステーキの違いについてざっくり書くよ

厚揚げステーキ料理

簡単にできる料理のひとつなので我が家もよく作るのですが、どう違うかな~というのを一応両方やってみたので書いてみようと思います。

基本レシピ(※ざっくり)

材料(ざっくり)

・豆腐or厚揚げ  …一丁
・小麦粉(薄力粉)…適量
・塩こしょう   …少々
・油(何でもいい)…適量

ずんだ
ずんだ

すごい適当なんですけど…

やまも
やまも

まぁこのくらいざっくりでもできるんやで…という…

 

手順(ざっくり)

①豆腐(厚揚げを切る)
②塩こしょうを振って下味をつける
③小麦粉をまぶす
④熱したフライパンに油をひいて焼く(※くっつきやすいので油は多めの方がやりやすい)
⑤片面に焼き色が付いたらひっくり返し、火を弱めて蓋をして蒸し焼きにする。
⑥焼けたら皿に盛る(もし味が薄かったらしょうゆなどをかけて食べる)

やまも
やまも

小麦粉付けずに焼いたらダメなん?

ずんだ
ずんだ

できないことはないんですが崩れやすいですね…衣があったほうが表面が少し固くなるので扱いやすくなります

※前に小麦粉付けずにやってみたんですが、表面の水分が多いからかフライパンにくっつきやすく、あまりうまくいかなかったので衣はあったほうがいいかなと思います。

双方どこが違うのか

豆腐の場合

水分を抜いたほうがいい(下準備)

焼いたり炒めたりする料理に豆腐を使用する場合、加熱したときに水分が出て水っぽくなったり、フライパンにくっつきやすくなったりということがあります。なので、そういう料理の場合は使用する前に水分を抜いたほうがいいです(ただし元々固めの豆腐であればそのまま使用できるかと思います)。

水分を抜く方法としては、『ざるにあげておく(重石をのせておくとよい)』『ゆでる』『レンジでチンする』などの方法があります。それぞれのご家庭に合う方法を選んでみてください。

絹豆腐より木綿豆腐が適する

絹豆腐はどうしてもくずれやすいので、焼き物や炒め物にはあまり向きません。こういった料理には木綿豆腐のほうが合います。

ずんだ
ずんだ

絹豆腐は汁物や鍋物などで使うとおいしいです

 

厚揚げの場合

油抜きが必要(下準備)

厚揚げは油抜きをして使用します(そのまま使用して旨みを出す調理法もありますがそれ以外は大抵は油抜きします)。油抜きの方法は湯通しが一般的です。

絹厚揚げも使える

厚揚げも木綿と絹があります。絹厚揚げは絹豆腐のなめらかな食感は残しつつも、固くくずれにくくなっています。こちらを使用すれば、絹豆腐のなめらかな食感のある厚揚げステーキを作れます。

豆腐よりカロリーが高い

厚揚げは豆腐を油で揚げているので、豆腐より油分が多くカロリーが高くなっています。栄養面を気にする場合はここも選ぶポイントになるかなと思います。

まとめ

①どちらも下準備は必要

②豆腐を使う場合は木綿豆腐が向く。厚揚げの場合はどちらでもOK

③栄養面で見る場合↓
  ヘルシーさを重視        …豆腐が向く
  カロリー(脂質)を上げたい場合 …厚揚げが向く

…といった感じかなと思います。

ずんだ
ずんだ

どっちかでないとダメなんてことは決してないので、あくまで目安ていどに見てくださいね

やまも
やまも

俺はどっちも好き

ずんだ
ずんだ

私もです

タイトルとURLをコピーしました