【試作】じゃがいも入りのハンバーグを作ってみた

煮込みハンバーグ(じゃがいも入り)レシピ

先日、家族から『じゃがいもをすりおろしてハンバーグに入れるとおいしいらしい』と聞きまして(たぶんテレビか何かで見たと思われる)、『じゃがいもを…?』と思いネット検索してみると結構レシピが出てきました。割と流行ってるのかな?と思い、自分もやってみることに。

ずんだ
ずんだ

※注)一応試作の記録なのできちんとしたレシピ紹介ではありませんが、参考程度にどうぞ。

材料

材料は、牛豚合挽き肉を300g(中くらいのパック1個分)、玉ねぎ約100g(1/2個)、じゃがいも約100g(中1個)で挑戦。じゃがいもはちょうど新じゃがいもを買っていたのでこちらを使用してみます。

実践

①たまねぎを炒める

みじん切りにした玉ねぎを小さじ1弱の油で炒めました。我が家ではオリーブオイルを使用していますが、勿論サラダ油でもOK。

焦げるといけないなと思って早めに皿に上げてしまったのですが、正直もう少し色を付けたかったです。

このまま粗熱をとります。冷ます時間を考えると、この作業だけ少し早めにしておいたほうがいいと思います。

 

②じゃがいもをすりおろす

じゃがいもをすりおろし器ですりおろします。結構水分が出ます。(新じゃがなので特に出たのかもしれませんが、先日別の料理でじゃがいもをすりおろした際も割と出ました。因みにじゃがいもの約80%は水分なのでこのくらいは出るのかも…?)

水分を切るかどうか悩みましたが、今回は切らずに混ぜてみます。

やまも
やまも

※注)色が変わっちゃうので、タイミングとしては混ぜる直前にすりおろしたほうがよさそう

 

③ひき肉と混ぜる

すりおろしたじゃがいもに合挽き肉と、①のたまねぎを加えて練ります。ここで塩こしょうも加えます。

 

卵が入っていないからか、タネの手触りが結構あっさりしています。

ハンバーグのタネ

5等分にし、空気を抜きながら小判型に成形。水分が多いからだと思いますがやわらかいです。ただ成形しづらいというほどではないかなと思います。

 

④フライパンで焼く

フライパンに油を小さじ1ひいて、成形したタネを入れて焼きます(焼いているうちに縮んで中央が膨らむので、置いたときに手でちょっと凹ませました)

強火で片面を焼き、焼き色が付いたら裏返してふたをして、中火で3~4分蒸し焼きにします。普通の材料を使ったものに比べるとちょっとくずれやすいので注意。

 

⑤完成

やまも
やまも

きちんと焼けた~!

おそらく火が通ってはいるんだと思いますが若干赤みがある気がする(おそらく牛肉の色かな?)のがちょっと気になりまして、このあとケチャップ・ウスターソース・砂糖を煮たてていっしょに煮込みました。(材料に限らず、ハンバーグの焼き加減って結構難しい気がします)

 

煮込みハンバーグにしたものがこちら。照りがあって綺麗です。

 

感想

結構やわらかく、箸がスッと通ります。食感もやわらかくおいしい。じゃがいもを加えた、という感じは特になく、言われないと気付かないと思います。(※ソースに加える前にも食べて確認済)

材料の分量的には別に悪くはないかなと思うものの、じゃがいもの水分はちょっと切った方がいいかもしれません…。

今回はじゃがいもと玉ねぎのみを加えましたが、卵を加えたときやパン粉を加えたときどのようになるのか、新じゃがいもでなく普通のじゃがいもだとどうなるのか…というのも個人的に気になるところなのでいろいろ試してみたいです。

※追記:2回目↓。材料は分量以外変更なし、じゃがいもの水分を切ってやってみました。
【試作】じゃがいも入りのハンバーグを作ってみた、その2

タイトルとURLをコピーしました