『キンショーメロン』と『まくわうり』、違いを見てみよう

キンショーメロンとまくわうりメロン

黄色いノーネットメロン『キンショーメロン』『まくわうり』とよく似ています。

今回は双方の違いについて簡単にみていこうと思います。

キンショーメロンとまくわうりの違いについて

見た目の違い

左が『キンショーメロン』、右が『まくわうり』。

色は両方とも濃い黄色であまり大きくは変わりません。一方、形はちょっと違うのですぐにわかります。キンショーメロンはきれいな丸っこい型。まくわうりは少し角張っているというか、どっしりとした形をしています。

まくわうりと一言で言っても種類がありますが、よく見かける代表的なものは上の写真のように黄色いものです。これより少し細長いものもあります。
※品種は記載されていなかったのではっきりとは言えませんが、『黄金まくわ』かそれに近い品種ではないかと思います。

硬さの違い

キンショーメロンは外側の皮付近が硬めで、切る際に少し注意が必要です。

まくわうりは触った感じは同様に硬いのですが、皮付近や果肉はキンショーメロンほど硬くはないため、スッと包丁が入ります。なので、切るのはまくわうりのほうが少し難易度が低めの印象。

味・食感の違い

キンショーメロンはマスクメロンなどと比べると流石にそこまではいかないものの、しっかりとしたメロンの風味、甘みがあります。外側はシャキシャキで内側の果肉はやわらかく、舌触りはなめらか。噛んだときに少し弾力を感じます。

一方、まくわうりはメロンほどの甘みはなく、落ち着いた味です。甘みが強いものが好きな人だとちょっと物足りなさを感じるかもしれませんが、クセが少なく食べやすい味。果肉はやわらかめで、キンショーメロンのように弾力は感じず、歯切れがよい。舌触りが少しホロホロしているというか、肉質は少しりんごのような感じ。

このように、食べると大きく違う『キンショーメロン』と『まくわうり』。どちらもおいしいので、見かけたら是非買って食べてみてくださいね。

タイトルとURLをコピーしました