『トロかれい』特徴や調理法について

トロかれい切り身魚類
やまも
やまも

今回はスーパーでたまに売ってる『トロかれい』について書いていくぞ!

『トロかれい』って何?

やまも
やまも

そもそも『トロかれい』って何?って話なんだけど…

『トロかれい』というのは正式名称ではなく、『鰈(かれい)』のうちいくつかの種類をそう呼ぶようです。はっきりとわからなかったので名言は避けますが、個人的には『安価で手に入る輸入かれい』がそれにあたるのかな…という認識です。(違ったら申し訳ないのですが…)

ちなみに、前に買ったトロかれいは『アブラカレイ』を記載がありました。

特徴や調理法について

白身魚ですが、他と比べると特に白っぽいです。全体的に色が薄く、身が透き通ったような色をしています。1回冷凍している関係でちょっとパサついてるように感じることもあり。

で、調理法なのですが、個人的には『焼き物(※下味をしっかり付けて衣をつけて焼くか、ソースなどをかける)』をオススメします。

理由としては、以下の2点が上げられます。

①素材の味がかなり薄い
②身がもろく崩れやすい

①については、魚自体の旨みをあまり感じず(種類によるかもしれませんが)ちょっと物足りない印象なので、おいしく食べるにはしっかりと味をつける必要があります。また、バターなどでコクをプラスしてもいいと思います。

②については、他の白身魚にも言えることなのですが形が崩れやすいため、衣をつけたほうが形を保ちやすいです(それとできるだけ水分を逃がさないようにすることでふっくらと仕上がる)。

やまも
やまも

焼くときのポイントは下記に(※あくまで自分なりの)

・小麦粉や米粉などをまぶして衣にすると焼いたときに崩れにくくなる
・焼くときにフライパンにくっつくと崩れるので油は多めが○
・ひっくり返すときは菜箸でなくフライ返しがいい

衣は何でもいいのですが、小麦粉は水を吸って固まりやすいので個人的には米粉のほうが後の洗い物が楽かなと思います。あと衣をつけても焼く前は崩れやすいのでフライパンにのせるときは両手のほうがいいかも。また、菜箸でひっくり返そうとすると、万一フライパンにくっついていたときに崩れてしまうので、フライ返しで切り身全体を一気に返した方が安心。

…とここまで書いて、『ほかの魚でも同じだな…』と思ってしまいましたが、一応参考までにどうぞ。

上写真は塩と酒をふって、米粉をまぶして焼いたもの。パリッと焼けて、中身はやわらかくおいしく調理できました。

※まだ試してないのですが揚げ物も合うと思います(揚げ物は家庭でやると手間がかかるので上記オススメからは除外しました)。

やまも
やまも

逆に考えてみると、クセがなく味付けの邪魔にならないってことなので、工夫次第でおいしく料理できるぞ!

煮物は崩れるだろうな…と思うのですが、濃い煮汁とは相性がよさそうだなと思うので1回試してみようと思います。その際はまた追記しますね。

それではまた!

タイトルとURLをコピーしました