『スイートスプリング』ってどんな果物?特徴や食べ方について

スイートスプリング柑橘類
やまも
やまも

今回のテーマは柑橘の仲間『スイートスプリング』。特徴や簡単な食べ方について書いていくぞ!

スイートスプリングの特徴

見た目

皮は少し黄色みのあるオレンジ色。(ネーブルと比べてみたのですがネーブルよりは黄色かったです。物によるかもしれませんが…。)よく見ると少し表面がゴツゴツしているのが特徴。見慣れるとお店で見たときにすぐわかるくらい。果肉もオレンジ色。種があります。

こちらもスイートスプリングです。12月に撮影したものなので先程のものよりちょっと時期が早めですね。緑色をしており、果肉も少し色が薄いかな?という感じ。一見熟れていないように見えますが、ちゃんと食べることができます。

味・食感

甘みが強く、酸味はひかえめです。酸味が少ないので、酸っぱいものが苦手な人でもかなり食べやすいと思います。また、みかんより少し大きめの柑橘…たとえば『八朔(はっさく)』や『文旦(ぶんたん)』、『甘夏』など、特有の苦みがあるものが多いので苦手な場合はちょっと身構えがちなのですが、スイートスプリングの場合、苦みはありません。果汁が多く、果肉の食感もやわらか。薄皮はやわらかい…とは言いがたいですがそこまで硬くもないため、袋ごと食べることも可能です。少し種があるので、飲み込まないようにご注意ください。

食べ方について

やまも
やまも

いろんな食べ方を試してみたからそれも書いておくぞ!※あくまで参考程度に

一番気軽に食べられるのは手でむいて小房ごと(薄皮ごと)食べる方法です。皮が分厚いので、むくのが難しい場合は最初にヘタ周辺を切り落としたり、十字に切り込みを入れるなどしてからむいてみてください。薄皮はあまり硬くないので、通常の噛む力があればそのまま食べることが可能です。ただし、オレンジ類ほどはやわらかくないので、噛む力が弱い方だと袋ごとは難しいかもしれません。その場合、下の写真のように切り込みを入れ、むいて中身だけ食べるという手もあります。その場合は果汁で手が汚れやすいので、手を洗うのが状況的に難しいときはあらかじめお手拭きやウェットティッシュ等を準備するとよいでしょう。

薄皮にも栄養があるのでもったいなくはありますが、噛む力が弱いとどうしても食べづらいですからね。薄皮も割と丈夫なので破けることはありません。一応、切り込みだけでなく全部薄皮をむいてしまってから食卓に出す…という方法もあります。ただ、文旦やグレープフルーツなどは果肉がしっかりめなので形がくずれにくいのですが、スイートスプリングの場合果肉がかなりやわらかいため、これが可能かどうかはものによります。

試しに2個むいてみました。1個目(上写真のもの)は若干ボロボロになったものの何とかむけました。ですが2個目は果肉がつぶれてしまい無理でした。実際切らないことには判断がつきづらいので、最初から切り込みを入れるのみにとどめて、各自むきながら食べるほうがいいかもしれません。

また、オレンジのように、くし型にカットして食べるという方法もあります。カットが楽で均等に分けることができるというメリットがあります。ただし、先程も申し上げた通りオレンジほど薄皮がやわらかくないため、噛む力が弱い方だとおそらく食べづらいです。薄皮ごと食べることのできるくらいの歯の丈夫な方であればこの方法でも大丈夫だと思います。

ずんだ
ずんだ

どの食べ方が正解というわけでもありませんから、自分にとって食べやすい方法でどうぞ。

参考になりましたら幸いです。それでは。

タイトルとURLをコピーしました