『ビタミン大根』って何?特徴や味など

青大根、ビタミン大根野菜類
やまも
やまも

今回は『ビタミン大根』についてだ!

うめ
うめ

別名『青大根』『中国大根』とよばれるもののひとつだよ。ほかに『中国大根』で比較的よく見かけるものには『紅芯大根(こうしんだいこん)』があるね。

なかなか普段見かける機会がないのですが、運よく入手できましたので感想など交えながらご紹介したいと思います。


【最終更新】補足を追加しました。

特徴

見た目

こじんまりとした大根で、今回のもので言うと10㎝程の長さ。色は上の部分が濃い緑色。通常よく使う『青首大根』だと薄い黄緑色ですが、こちらは抹茶のような深緑色をしていて印象的。

下の部分と上の部分の断面。皮の色に比例して中も濃くなっています。

やまも
やまも

そういや何で『ビタミン大根』って名前なの?

うめ
うめ

ビタミンが多いから、みたいだよ


何がどのくらい多いのかという明確なデータがちょっと見つからなかったのですが、名前につくほどなんで個人的には『とりあえず普通の大根よりは多いんだろうな~』くらいに思ってます。(上部の色の濃さを見るにカロテン(ビタミンA)あたりかなと思うのですが、ビタミンCなど他の水溶性ビタミンかもしれないので何ともいえないですね…※あくまで予想です。詳しくわかればまた追記したいと思います)

【補足】カロテンは黄色や赤などで緑ではないため、この緑色はクロロフィルによるものと思われますが、色の濃い野菜にはカロテンが多いパターンが多いためカロテンが多いのでは、と予想しています。ややこしくてすみません…

硬さ

ちょっと硬めで、身がしっかりしています。ですが、皮のむきづらさは特にありませんでした。

香り

切った時に、大根特有のちょっぴり辛そうなにおいがしました。

味・食感

辛味が少ない…とよく聞くのですが、

やまも
やまも

あああああーーー辛ぁぁぁぁぁ!!

今回購入したもの(※写真のもの)はたまたま辛いものだったようです(だから少し辛そうなにおいがしたのかな…)。食感は薄めに切ってもけっこう歯ごたえがあります。

本来は辛味が少なく、生で食べるのに向く大根です。ただ今回の私のように辛いものに当たってしまった場合は、加熱する料理に使うことも選択肢に入れていいと思います(辛い物が好きな人は問題ないかと思いますが苦手な人だとちょっとキツイです。加熱すると辛味はなくなります。切った後冷蔵庫に入れてしばらく置いたり、水さらししたり・・などの方法もあるのですが、こちらの方法だと完全には辛みがなくならないので加熱したほうが手っ取り早いと個人的には思います。調理によって減ってしまう栄養成分もあるのでそこはデメリットですが・・・)。あと普通の大根と比べると加熱しても若干歯ごたえが強い気がします。

うめ
うめ

一応最初に少しかじって確認してみるといいかもね

やまも
やまも

うぅ…そうする……

お好みの方法で召し上がってくださいね。それではまた!

タイトルとURLをコピーしました