『カラカラ』ってどんなオレンジ?特徴を見てみよう

カラカラ柑橘類

普段あまり見かけない、『カラカラ』という品種のオレンジ。どんなオレンジなのか、特徴を見ていこうと思います。

カラカラの特徴

見た目

果皮は少し赤みが強いオレンジ色。見た感じちょっと皮の表面が粗いというか、ゴツゴツしている印象。

やまも
やまも

あっ、ヘソがある

ネーブルオレンジの仲間だそうで、同じようにヘソのような窪みがあります。ただ、右写真のように無いものもあります。その点は通常のネーブルオレンジも同様です。

縦カットと横カット。

果肉がかなり赤いです。写真だとちょっとわかりづらいかもしれませんが、みかん等の赤というより少し青みのある暗い色が入った感じでしょうか。ブラッドオレンジほど濃くはありませんが、グレープフルーツの赤(ルビー)と似た色合いです。

ちなみに比較用に通常のネーブルオレンジの写真を上げてみました。ライトや時間帯の関係でこちらのほうがいくらか明るく写ってはいるのですが、それを抜いてもかなり色が違うようです。こちらはより黄色に近い、明るい色をしています。

味・食感

色が濃い果物はものによっては少しクセが強かったりしますが、これに関してはほぼクセの強さは感じません。言われてみれば少し違うかな…?くらいの風味。

甘く、酸味もほどよくあります。一口目は少し酸味が強いかな?と思うものの、食べ進めるとあまり気になりません。通常のネーブルオレンジやバレンシアオレンジと比べると少し酸味がひかえめな感じがあるので、すっぱいものが苦手な人はもしかするとこちらのほうが少し食べやすいかもしれません。

食べ方

通常のオレンジのようにカットして食べることができます。上写真は横に半分に切ってから4等分にカットしたもの。縦半分に切ってからだと見た目が違ってきます。人によってどちらが食べやすいか違うと思いますのでお好みでどうぞ。

ネーブルオレンジは手で皮がむきやすいオレンジですが、こちらのカラカラも同様にむけます。むくと上写真のようになります。

補足

現状、お店で入手できるカラカラはほぼ輸入物であると思われます。防かび剤などが使用されているため、切る前に塩や食品用洗剤などでしっかり洗うことをおすすめします。また、洗っても外側の皮を食品として利用するのは個人的にはおすすめしません。

ずんだ
ずんだ

オレンジの皮が使いたい場合は国産のネーブルオレンジをおすすめします。いつでもはありませんが3月くらいに多く出回ります。

簡単にでしたが参考になりましたら幸いです。それでは。

タイトルとURLをコピーしました