『白桃』と『黄桃』、違いを見てみよう

白桃と黄桃果物類

夏から秋にかけて出回る果物『桃』。大きく分けて『白桃』『黄桃』に分けられます。

今回は『白桃』と『黄桃』の違いについて簡単に見ていこうと思います。

『白桃』と『黄桃』の違いは?

見た目の違い

まず見た目の違いについて。

左が『あかつき(白桃)』、右が『黄金桃(黄桃)』です。

白桃は果皮がピンク色になっています。色は品種によっては清水白桃のように白に近い色合いのものもありますが、出回っているものは大部分があかつきのような色のものです。

一方、黄桃は果皮が明るい黄色~少しオレンジがかった黄色をしています。

半分に割るとこんな感じです。

白桃の果肉はピンクやクリーム色に近い白っぽい色をしています。黄桃は果肉も黄色で、果皮とあまり変わらない色合いになっています。

ずんだ
ずんだ

上写真の黄桃は果肉が全体的にきれいな黄色ですが、ものによっては赤みがかっているものもあります。(品質には問題ありません)

味・食感の違い

白桃は比較的あっさりめの味。すっきりした甘みと少し桃特有の渋みがあります。食感は若いうちだと硬めですが、熟したものはやわらかく、果汁が口の中にひろがります。

黄桃は白桃と比べて濃厚な味。強い甘みを持ち、それ故にか渋みは白桃より感じないかなという印象。食感はしっかりめなので、白桃と比べるとよく噛む必要がありますが、食べ応えはバッチリです。

やまも
やまも

見た目(色)も全然違うけど、食味もかなり違うんだね。

ほか

白桃はいろんな種類が出回っています。有名なものだと先ほどご紹介した『あかつき』、または『白鳳』あたりでしょうか。特に「この品種が欲しい」と狙って買うならちょっと別ですが、あくまで「白桃が欲しい」…という場合、入手は特に難しくはないでしょう。

一方、黄桃は白桃と比べると店頭で見かけることがあまりないように思います。地域やお店の取り扱いにもよるかもしれませんが、一応自分の地元のお店だと大きい一部のお店にしか無い印象。白桃よりも入手難易度は高めです。もし近場のお店に置いていないけれど食べたいという場合は通販のほうがいいかもしれません。

ずんだ
ずんだ

どちらもそれぞれ特色があり、美味しい桃です。旬の時期に是非ご賞味くださいね。

今回は生鮮食品としての桃について書きましたが、缶詰の桃についてはまた機会がありましたら別途記事に起こしたいなと思います。ここまで読んでいただきありがとうございました。それでは。

タイトルとURLをコピーしました