伊予柑(いよかん)の食べ方を簡単にご紹介!

薄皮をむいた伊予柑の果肉果物類
やまも
やまも

今回は伊予柑(いよかん)の食べ方についてご紹介!

あくまで一例だけど参考にどうぞ!

伊予柑(いよかん)の食べ方(※一例)

外の皮をむこう!

いよかんカット(縦)
ずんだ
ずんだ

いよかんは手でむくこともできますが、上写真を見るとわかるように皮が分厚いため、みかんより力が必要です。そこで、包丁で少し手を加えることによりむきやすくなります。

まず頭(お尻のほうでもいいです)を写真のようにカットします。ここからみかんのように外皮と中身の間に指を入れながらむくと簡単にむくことができます。

やまも
やまも

今回はこのような切り方をしたけど、例えば果肉を切らない程度に十字に包丁を入れてそこからむいてもOK。

薄皮をむこう!(※必要であれば)

いよかんは薄皮(※『じょうのう膜』といいます)ごと食べることができます。ただ、みかん等と比べるとちょっと硬めなので、かむ力が弱い人だとちょっと食べづらいと思います。その場合は薄皮もむいてしまいましょう。

上の図のように、内側のほうに切り込みを入れるとむきやすいです。

やまも
やまも

外側じゃダメなのか?

ずんだ
ずんだ

外側(画像の青線部分)からもむけないこともないのですが、果肉がこちら側にくっついているので、ここからむくと崩れてしまいます。内側(赤線部分)からなら割とむきやすいと思います。外側のくっついている部分は果肉ごとはがれやすいので慎重にむくことをオススメします。

やまも
やまも

そうなのか…

やまも
やまも

きれいにむけた!

参考になりましたら幸いです。それではまた。

タイトルとURLをコピーしました