桶柑(たんかん)とみかんの違いや食べ方について!

桶柑とみかん果物類
やまも
やまも

2~3月に出回る柑橘、『桶柑(たんかん)』。ちょうど今が食べ頃だな。みかんと何が違うんだろう?

『たんかん』と『みかん』の違い

見た目の違い

左が桶柑、右が温州みかんです。
こう見ると、桶柑はちょっと小さく見えますね。色は同じくらいか言われてみればちょっと桶柑が濃いかな…といった感じ。

 

ずんだ
ずんだ

どちらも大きさは規格によって変わります。例えばこのみかんはLサイズくらいのちょっと大きめのものですから、Mサイズなどと比べればまた印象が違うと思います。なので、あくまで一例としてご覧ください。

皮はしっかりしており、触ってみても硬め。また、みかんがある程度なめらかな見た目なのに対し、桶柑はゴツゴツしています。特にヘタ近くが顕著ですね。

こっちは断面。温州みかんはちょっと平べったい形をしていますが、桶柑は丸っこい形をしています。どちらかというとオレンジに近いですね。皮は割と分厚いです。前に食べたものはもっと薄かったのでものによるかもしれません。果肉はぎっちり詰まっています。種はあったりなかったりであまり多くはないようです。

【余談】
上写真だと大きさにかなり差があるように見えますが、実際重さを量ってみると桶柑約135g(※写真のものは測り忘れたので同じ袋のものを量りました)、みかんが約145gとそこまで変わりませんでした。前者は中身が詰まっており、後者はちょっとぶかぶかしていたのが原因と思われます。必ずしも見た目が大きいものが中身も多いとは限らないということですね。

味の違い

双方、甘み酸味があり、苦みは特にありません。桶柑の場合、甘みに加えちょっと突き抜けるような酸味がありますが、決して不快なものではないのでご心配なく。どちらかというとみかんよりオレンジ寄りの味かもしれません。また、果汁がたっぷりあります。

食べ方の違い

食べ方に違いは特にありません。桶柑も、みかんと同様に手でむくことができます。
お尻の部分に爪をたてて、そこからむきます。

ただ、皮が硬く、中身がぎっちり詰まっているということもあるので、みかんより少しむきづらいです。あまり力を入れると中身がつぶれる可能性があるので注意してください。包丁で切れ目を入れてからむいてもいいと思います。その際は頭部分かお尻部分を横向きに少しだけカットするといいでしょう。みかん類全般にいえるのですが、さきほどの写真のように半分にカットしてからむこうとすると果肉がつぶれるので、手むきをする場合はオススメしません。

やまも
やまも

薄皮(※じょうのう膜といいます)ごと食べることができるぞ。本来、みかん類は薄皮ごと食べた方が栄養的にもいいと言われているからね。でも人によってはちょっと硬く感じるかもしれないから、そのときはむいて食べてもOK。

オレンジのように8等分にしてみました。こちらも食べやすくて◎。お好きな食べ方でどうぞ。

 

参考になりましたら幸いです。それではまた。

タイトルとURLをコピーしました