『はっさく』と『紅はっさく』の違いを見てみよう!

はっさくと紅はっさく柑橘類
やまも
やまも

今回のテーマは『はっさくと紅はっさく』。見た目や味の違いを調べてみたぞ。

『はっさく』と『紅はっさく』の違い

見た目の違い

左が普通の『はっさく』、右が『紅はっさく』です。(はっさくは洗ってるときヘタがとれてしまいました……)

名前に『紅』と付くだけあり、紅はっさくのほうが色が濃いです。実際に並べてみると違いがよくわかります。はっさくのほうも物によってはもう少し濃い気もします。

今回のものは重さを量ったところ、はっさくが約200g、紅はっさくが約260gといったところでした。ただ、今回のはっさくは少し小ぶりです。サイズはものによるので本来は大体同じくらいと思っていいでしょう。

次に、左が皮をむいた後の小房の状態、右が更に薄皮をむいた果肉の写真です。皮同様、果肉も紅のほうが色が濃いのがわかります。

うめ
うめ

はっさくは比較的果肉がしっかりめでくずれにくいから薄皮がむきやすいよ。

香りの違い

個人的にですが、香りはあまり差が無いように思います。どちらも、柑橘系のすっきりかつ少し苦みのありそうな香りがします。(苦みのありそうな、と表現しましたが別に不快なにおいではないです、念のため)

味や食感の違い

はっさくはすっきりした甘みとそこそこの酸味があり、苦みが割と強めです。一方、紅はっさくは少し甘みが濃いです。苦みは実際はそこまで変わらないのかもしれないのですが、甘みが強いからか普通のはっさくほどは気にならない気がします。

やまも
やまも

とはいってもあくまで普通のと比べて…の話だから、苦いには苦い。

はっさくの酸味や苦みは一口目は強く感じますが、食べ進めると慣れるのでそうでもなくなります。むしろこの苦みが癖になる人もいるでしょう。

食感は両方ともそこまで変わらず、どちらも果肉があまりくずれないくらいの硬さをもちつつ実際食べてみるとやわらかく、果汁も多いので食感がいいです。ただ薄皮は少し硬めなので、小房丸ごと食べるか薄皮をむくかはケースバイケースといった感じですね。

とはいえ、実際に食べ比べてみるとわかるといった感じなので、そこまで大きく違うということでもないかなと思います。個人的にはどちらもおいしいのでおすすめです。

今回購入した分は少しだけ酸味が強いようでした(家族にも確認してみました)。そのあたりもものによると思います。

※注意点

はっさくや紅はっさくは皮がかなり硬くはがしづらいです。一から手でむこうとするとかなり力を要しますし慣れていないと時間もかかります。ヘタ周辺や尻部分に一旦包丁・果物ナイフなどで切れ目を入れてからむくと少し楽になります。

タイトルとURLをコピーしました