黄色いカリフラワー/特徴や調理感想など

カリフラワー黄野菜類
やまも
やまも

黄色いカリフラワーだ!

うめ
うめ

白以外ってなかなか見かけないけど、たまに売ってることがあるね

先日黄色のカリフラワーを店でみつけました。普段白しか見かけないのでちょっと珍しいな~と思い購入。それについて少し書いていきます。

カリフラワーは白だけじゃない!

カリフラワーは流通しているものは白が多いですが、中には黄色(オレンジ色)や紫、緑色といったものもあります。緑色といえば、先日ご紹介したロマネスコ(カリブロ)もそうですね。

ロマネスコもそうなんですが、実は自分も写真では見たことがあるものの実物を見るのは初めてです。淡い黄色がきれいです。

黄色いカリフラワーの断面図

因みに上は断面の写真です。ちょっと白っぽく写ってしまってわかりづらいのですが、中まで黄色です。若干緑色のところもありました。

白い品種の断面写真も置いておきます(別の日に撮影したものです)。

うめ
うめ

色は違うけど、形はほぼ同じみたい。

味・食感

生で食べると花蕾はちょっと乾燥したようなぼろぼろとした食感、キャベツに似た味わいがあります。えぐみや辛さはとくに感じませんでした。…とここまで書きましたが、おそらく味や食感に関しても白の品種とあまり違いはないと思います。ゆでた後の味や食感も白と大差なく、ほっこりとした食感と若干の甘みがありおいしいです。カリフラワーは生でも食べられますが、加熱した後のほうが食べやすく万人受けするかなと個人的には思います(ここは調理法や好みにもよるかと思いますが…)。

茹でると色はどうなるのか?

さて、普通のカリフラワーにはないこの黄色ですが…

やまも
やまも

ゆでたら色落ちしたりしない?大丈夫?

うめ
うめ

実際にゆでて確認してみたよ。

黄色のカリフラワー、色の変化比較1

『生のもの』と『ゆでたもの』を一緒に皿に入れてみました。これだとちょっとわかりづらいので

黄色いカリフラワー、色の変化比較2

境界線を作ってみました。

①生の状態

②お湯でゆでたもの

③お湯(酢を加えた)でゆでたもの

となっています。

比較してみると、ゆでたものは生のものより色が濃くなっています。

また、白いカリフラワーを綺麗にゆでる方法の一つとして『お湯に酢を加える』ことがあげられるのですが、これを黄色いカリフラワーでやってみたところ、③のように、何も入れずにゆでた時より若干明るい色に仕上がりました。

やまも
やまも

ゆでても黄色なんだな!安心した!

うめ
うめ

写真だと全体的に白く写ってしまっているからわかりづらいけど、肉眼で見るとけっこう違いがわかるよ。

ゆでることでかなり鮮やかな黄色になるので、他の緑や赤などの食品と組み合わせると色どりがとてもよくなります。白い品種に比べるとあまりメジャーではないかなとは思いますが、手に入れる機会があればぜひ使ってみていただきたい野菜です。

うめ
うめ

カリフラワーは家庭菜園でも栽培できるから、興味がある人は探してみてね。

それではまた!

タイトルとURLをコピーしました