『紫色のアスパラガス』どんな特徴があるの?

紫アスパラガス茎菜類

5月頃が美味しい『アスパラガス』。通常のものは緑ですが、中には白いものや紫色のものもあります。今回はその紫色のアスパラガスについて少し書いていこうと思います。

紫色のアスパラガスについて

見た目

見たとおり、紫色をしています。今回購入したものはうっすら緑色の部分もありましたが、これはものによると思います。形状は普通のアスパラガスと特に違う点はありませんね。

先の部分はこんな感じ。

断面です。中は白っぽい緑色。通常のアスパラガス同様、色が濃いのは表面のみということがわかります。

うめ
うめ

ちなみに、白いアスパラガスは育て方が違うだけで元々は緑色のアスパラガスと同じなんだけど、紫のアスパラガスは元々紫の品種だよ。品種はいくつかあるみたい。

ゆでるとどうなるの?

紫色の野菜の中には、ゆでると違う色になるものがあります。例えば『紫ブロッコリー』や『赤オクラ』などですね。逆に『紫カリフラワー』や『紫芋』はゆでてもそこまで色は落ちません。

やまも
やまも

アスパラガスは果たしてどうかな……?

縦半分に切った紫アスパラガスを片方、沸騰させたお湯(+塩少々)に入れてゆでてみました。

結果、下のようになりました。

上がゆでたもの、下が生です。写真だと濃く写ってしまいましたが、肉眼だともうちょっと色が薄いです。

やまも
やまも

緑色になっちゃったなぁ

少し紫色の部分は残っていますが、もっと加熱時間を延ばせば緑になったかもしれませんね。

今回はゆでる方法のみを試しましたが、おそらく他の加熱方法をとっても色は変わると思います。せっかくきれいな紫色なのでちょっともったいないですが、加熱して食べたい場合は割り切った方がいいでしょう。

うめ
うめ

アスパラガスは生食もできるんだけど、採れたてかどうかわからない(収穫から時間が経っている)場合は加熱したほうがいいかな……。

今回のものはベーコンやトマトと一緒に煮こんでスープにしました。おいしかったです。

※同じく加熱で色が変わる紫色の野菜には下のようなものがあります(別タブ出ます)↓

紫色のブロッコリー/特徴・調理による変化など
花野菜のひとつ『ブロッコリー』。通常のものは緑色ですが、紫色のものも存在します。今回は紫ブロッコリーの見た目や調理することでどのように変化するか等についてご紹介します。
『赤オクラ』ってどんなオクラ?特徴を見てみよう
見た目が赤い『赤オクラ』。あまり見かけることがないですが、表面が赤紫色をしたきれいなオクラです。角オクラか丸オクラかは品種によります。

※ホワイトアスパラガス↓

『ホワイトアスパラガス』ってどんな野菜?特徴や味など
白アスパラガスは、栽培する際に土やフィルムをかぶせたりして、日に当たらないようにすることで白くしたものです。なので、通常の緑のアスパラガスと元は同じもの。

オマケ:入手するには?

ものすごく珍しい…というわけではないですが、あまり広くは出回っていないと思われます。ホワイトアスパラガスは缶詰のものがありますし、それを考えればホワイトアスパラガスよりは入手が難しいでしょう。生鮮食品を広く取り扱う大きなスーパーもしくは直売所などでは売っているかもしれません。どうしても入手したい場合はネット通販を利用するのもひとつの手だと思います。(※安全性の高いサイトかどうか事前によく調べてからお取り寄せしてくださいね。)

やまも
やまも

もし育てる環境があるのであれば、苗を購入して自分で育ててみてもいいかもね。

タイトルとURLをコピーしました